本文へスキップ

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻・惑星学科 Home Page

スタッフ

鈴木桂子 

 
海洋底探査センター 教授
(併任)理学研究科・惑星学専攻・基礎惑星学講座 教授
(併任)理学部・惑星学科 教授



研究の興味

 火山は噴火すると火山の周囲に噴出物を堆積させます。その堆積物は保存が良ければ,何千年,何万年経ったあとでも,地層となって残り,その地層は当時の噴火の様子を物語る証人になります。地層となった噴出物はたくさんのことを物語ります。火山地質学は地層から過去の噴火の情報を読み取り,過去の噴火を復元することを目的としています。過去の情報の読み取る方法には色々な手段があり,どんな方法で何を明らかにするのかということを考えることから研究が始まります。主な手法としては堆積物の野外調査や噴出物の粒度分析,コンポーネント分析,岩石の残留磁化を用いた堆積温度推定などを行います。これまでに誰にも目撃されたことのない巨大噴火現象を復元するという野望を持って,巨大噴火に伴って噴出される大規模火砕流堆積物の流動・堆積機構をはじめ,カルデラの形成過程を研究しています。

主な研究テーマ 

  • 大規模火砕流の噴火・運搬・堆積機構の研究
  • カルデラの形成機構と地下構造の研究
  • 岩石の残留磁気を用いた火砕流堆積物の堆積温度の推定

最近の代表的な論文・書籍 

  • Suzuki-Kamata, K. and Ui, T.(1988)'Depositional ramps: Asymmetrical distribution structure in the Ata pyroclastic flow deposit, Japan. Bull. Volcanol., 50, 26-34.
  • Suzuki-Kamata, K. and Kamata, H.(1990)'The proximal facies of the Tosu pyroclastic-flow deposit erupted from Aso caldera, Japan.Bull. Volcanol., 52, 325-333.
  • Jour. Volcanol. Geotherm. Res., 56, 253-266..
  • Suzuki-Kamata, K., Kamata, H. and Bacon, C.R.(1993)’Evolution of the caldera-forming eruption at Crater Lake, Oregon, indicated by component analysis of lithic fragments.' J. Geophys. Res.,98, 14059-14074.
  • Suzuki-Kamata, K. and Kamata, H.(1997)'Subsidence structures of calderas with the diameter less than 10 km, Proceedings of Oji-seminar on "Neogene Evolution of Pacific Ocean Getways" IGCP-355,160-178.
  • Nakada, S., Nagai, M., Kaneko, T., Nozawa, A., Suzuki-Kamata, K. (2005) Chronology and products of the 2000 eruption of Miyakejima volcano, Japan. Bull. Volcanol.,, 67, 205-217.
  • Suzuki-Kamata, K., Kusano, T. and Yamasaki, K. (2009) Fractal analysis of the fracture strength of lava dome material based on the grain size distribution of block-and-ash flow deposits at Unzen Volcano, Japan.Sedimentary Geology,, 220, 162-168.
  • Nakaoka, R. and Suzuki-Kamata, K. (2014) Rock-magnetic evidence for the low-temperature emplacement of the Habushiura pyroclastic density current, Niijima Island, Japan.Geological Society of London Special Publications, 396, 151-66.

担当授業科目

学部
理学部
地質学I
惑星学実習D
惑星学基礎IV(分担)
惑星学実習C(分担)
野外調査実習(分担)
全学共通
基礎教養科目/惑星学B(前期/後期・分担)
地学実験(分担)
大学院前期
地球惑星科学通論I・地球惑星科学通論II(分担)
大学院後期
地球惑星科学特論I・地球惑星科学特論II(分担)

所属学会 



                                              更新日 2016年5月6日


     

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻

〒657-8501
神戸市灘区六甲台町1-1

TEL 078-803-6483
FAX 078-803-5791