本文へスキップ

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻・惑星学科 Home Page

スタッフ

川畑 拓矢 

 理学研究科・惑星学専攻・連携大学院 客員准教授
 気象庁・気象研究所・予報研究部 主任研究官


研究の興味

仮想現実であるシミュレーションと、現実世界を観測したデータを結びつけるデータ同化は、基礎原理を統計学に基づいており、様々な分野へ応用しやすい理論・知識です。たとえば、ロケットの姿勢制御やビッグデータ解析、創薬など多くの応用例があります。なかでも気象学における利用は最大級の自由度を持っているきわめて複雑なシステムであり、それと同時に我々が毎日その恩恵にあずかっている成功例です。
一方で近年、社会問題となっている“ゲリラ豪雨”と呼ばれる局地的大雨の予測は、その空間スケールの小ささ、時間変動の大きさによってきわめて困難です。これを成功させるには、先進的な観測データと数値シミュレーションモデルを結びつけるデータ同化技術が必要です。また同化によってシミュレーションされた豪雨のメカニズム解明も重要なテーマです。

主な研究テーマ 

  • メソγスケールの対流現象に関するデータ同化およびそのシステムを用いた研究
  • 先進的な観測データの利用方法に関する研究

最近の代表的な論文・書籍 

  • Kawabata, T., K. Ito, and K. Saito, 2014a: Recent Progress of the NHM-4DVAR towards a Super-High Resolution Data Assimilation. SOLA, 10, 145-149, doi:10.2151/sola.2014-030
  • Kawabata, T., H. Iwai, H. Seko, Y. Shoji, K. Saito, S. Ishii, and K. Mizutani, 2014b: Impact of Doppler Wind Lidar Assimilation on a Heavy Rainfall Forecast at a Meso-gamma Scale. Mon. Wea. Rev., 142, 4484–4498, doi: 10.1175/MWR-D-13-00362.1
  • Kawabata, T., Y. Shoji, H. Seko, and K. Saito, 2013: A numerical study on a mesoscale convective system over a subtropical island with 4D-Var assimilation of GPS slant total delays. J. Meteor. Soc. Japan, 91, 705-721. doi: http://dx.doi.org/10.2151/jmsj.2013-510
  • Kawabata, T., M. Kunii, K. Bessho, T. Nakazawa, N. Kohno, Y. Honda, K. Sawada, 2012: Reanalysis and Reforecast of Typhoon Vera (1959) Using a Mesoscale Four-Dimensional Variational Assimilation System. J. Meteor. Soc. Japan, 90, 467-491. doi: http://dx.doi.org/10.2151/jmsj.2012-403
  • Kawabata, T., T. Kuroda, H. Seko, and K. Saito, 2011: A cloud-resolving 4D-Var assimilation experiment for a local heavy rainfall event in the Tokyo metropolitan area. Mon. Wea. Rev., 139, 1911-1931. doi: http://dx.doi.org/10.1175/2011MWR3428.1

担当授業科目

大学院前期
惑星学詳論II-1(分担)

所属学会 



                                              更新日 2016年4月7日


     

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻

〒657-8501
神戸市灘区六甲台町1-1

TEL 078-803-6483
FAX 078-803-5791