当専攻・学科は2015年度より、「惑星学専攻」「惑星学科」(英語名:Department of Planetology)へ名称変更・改組いたしました。これにより、日本で初めての「惑星学専攻」「惑星学科」となります。

☆日本初「惑星学」専攻の挑戦とは


 ・地球科学・惑星科学・宇宙科学の融合
  「この星はなぜ地球なのか?」:地球・惑星・太陽系の進化を包括的に
  とらえる視点をもち、この問いの答えを求めて進化を続けます。
 ・海洋・宇宙立国をリードする人材の育成
  「見識を備えた有識者」と「独創的研究者」の育成をします。
 ・地球・惑星の変動と進化を体感するカリキュラム
  地質学野外実習や海事研究科と連携した海洋観測実習等の実習を充実
  させます。
 ・他の研究機関・大学・研究科との連携
  世界的な大型観測プロジェクトを主導する海洋研究開発機構・国立天文台・
  宇宙航空研究開発機構、及び大学との連携により、国内における研究・教育
  拠点を形成します。
 ・博士前期課程推薦入試制度の導入
  意欲ある大学院生を歓迎いたします。

講座と教育研究分野の再編




                                          Top pageへ


「惑星学専攻」「惑星学科」への名称変更・改組が決定