神戸大学 理学研究科 惑星学専攻 / 理学部 惑星学科  ホームページ

-神戸大学 大学院理学研究科惑星学専攻 理学部惑星学科 が誕生しました-

専攻・学科からのメッセージ
2015年4月1日に、私たちは新たな一歩を踏み出しました。これまでの、よく見かける地球惑星科学の名称を改め、講座・研究教育分野も再編しました。新たな名称である「惑星学(Planetology)」は、地球科学と惑星科学を融合した、より包括的な意味を持ちます。私たちは断じて「地球」を捨てた訳ではありません。むしろ、「なぜこの星は地球なのか?」太陽系惑星の中でなぜ地球にだけ液体の水があり、生命が永続的に存在し、プレートテクトニクスが作動するのか?また、その水はどこから来たのか?? という根源的な問いに答えを出したいのです。そして学生諸君には、多様な惑星現象に対する広範な視野とさまざまな手法を用いた解析能力・論理的思考力、そしてなにより豊かな感性を備えた「惑星人」に育ってほしいと思っています。また、目先の成果ばかりを追い求めるのではなく、「独創的な研究者」として巣立ってほしいと願っています。詳しくはこちらをご覧ください。

日本初「惑星学専攻」の挑戦
 ・地球科学・惑星科学・宇宙科学の融合
 ・海洋・宇宙立国をリードする人材の育成
 ・地球・惑星の変動と進化を体感するカリキュラム
 ・他の研究機関・大学・研究科との連携
 ・博士前期課程推薦入試制度の導入


NEWS

2017年10月11日
石橋克彦名誉教授が 、地震学,とくに地震テクトニクス,歴史地震学分野における顕著な貢献と,地震関連災害の予測とその社会への発信による顕著な功績により、2017年度日本地球惑星科学連合フェローとして顕彰されました。詳しくはこちらをご覧ください。
2017年10月6日
教員(教授 地質学)を公募いたします。詳しくは、公募情報をご覧ください。
2017年9月9日
内海域環境教育研究センターの兵頭政幸教授を中心とした多機関からなる研究グループは、78-76万年前に北大西洋と北太平洋で同時に起こった百年~千年スケールの急激な気候変化を多数発見しました。その中には、太陽活動に起因すると思われる周期性を伴う急激な温暖化が、強い寒冷イベントによって突然停止する現象も含まれます。 この研究成果は、8月30日に、Scientific Reportsにオンライン掲載されました。 詳しくは、こちらをご覧ください。
2017年4月1日
基礎惑星学講座に臼井文彦特命助教が着任いたしました。
2017年3月17日
日本学術振興会特別研究員(PD)の兵頭龍樹さんが博士後期課程3年次の学術研究活動における業績により、学長より学生表彰を受けました。詳しくは、こちらをご覧ください。
2017年1月30日
平成29年度大学院博士課程前期課程(修士)入試説明会
日時:平成29年4月22日(土) 13:00-(申込不要) 場所:理学部Z棟2階 201号室
詳しくは、こちらをご覧ください。
2017年1月1日
基礎惑星学講座に金子克哉准教授が着任いたしました。
2016年10月19日
岡山大・神戸大などの共同研究グループは、ブリッジマナイト多結晶体の大歪(だいひずみ)せん断変形実験に成功し、沈み込んだプレート近傍の地球下部マントルの流れの方向を明らかにしました。本研究結果は10月17日(英国時間午後4時)、英国科学雑誌「Nature」のLetterとして公開されました。詳しくは、こちらをご覧ください。
2016年10月18日
惑星学専攻の兵頭龍樹研究員、大槻圭史教授らが土星の輪の起源を解明する研究論文を発表しました。詳しくは、こちらをご覧ください。
2016年10月14日
博士前期課程の鈴木康太さんが日本鉱物科学会2016年年会にて研究発表優秀賞を受賞しました。詳しくは、こちらをご覧ください。
過去のお知らせ



専攻内限定

メンバーの方はこちら

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻

〒657-8501
神戸市灘区六甲台町1-1

TEL 078-803-6483
FAX 078-803-5791
MAIL fsci-pla-director(at)edu.kobe-u.ac.jp
ACCESS MAP