本文へスキップ

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻・惑星学科 Home Page

専攻・学科の概要

教育の特色

−惑星学科−
地球の中心から太陽系の果てまでの現象を連続的に取り扱う惑星学科では、学生の皆さんに惑星学の幅広い知識と技能を習得してもらうと同時に、既存の枠組みにとらわれない広い視野と創造力・独自性を養ってもらいたいと考えています。そのためには、学問的基盤となる数学、物理学、地学、化学、生物学などを理解して、その上で野外調査・観測・実験・理論的解析の手法に親しんで欲しいと思っています。もちろん、受け身の姿勢ではこれらを身につけることは困難です。多彩な顔ぶれの教員を十分に利用して下さい。私たちは、いつでもドアを開けて待っています。

−惑星学専攻−

惑星学専攻では、地球や他の太陽系惑星の誕生と進化について、いろんな研究を行っています。例えばある人は、隙があればフィールドへ出かけて石や地層の呟きに耳を傾けています。またある人は、氷や石のかけらたちを只管にぶつけて太陽系創成期に起こった出来事を想像しています。そしてある人は、計算機の中に惑星の大気を再現しようとしています。なかには、生命が発生するカラクリを分子の運動から探っている人もいます。こんなことに熱中してしまう原動力は、好奇心以外の何ものでもありません。私たちの専攻には、まるで少年少女たちのように目を輝かせて研究を楽しむ人たちで溢れています。そして私たちは、この雰囲気こそが面白い研究を生み出しているのだと信じているのです。一度こんな「智の楽園」へ足を踏み入れてみてはいかがでしょう?


研究の特色

惑星学専攻は、基礎惑星学講座(地質学・岩石学鉱物学・個体地球物理学・流体地球物理学・惑星宇宙物理学)と新領域惑星学講座(実験惑星科学・水惑星進化学・観測海洋底科学)及び連携講座(惑星地球変動史・大気海洋環境科学)からなります。私たちは、個別の専門分野における研究と共に、新しい研究分野を切り開くことに強い熱意を持っています。そのために、世界的な大型プロジェクトを推進する海洋研究開発機構・国立天文台・宇宙航空研究開発機構や海外の研究機関と連携して研究を進めています。熱い好奇心が集まる惑星学の「ホットスポット」として、特色のあるフロンティア研究を進めて行きたいと考えています。


沿革

1973(昭和48年)4月 地球科学科設置
1977(昭和52年)4月 地球科学専攻設置
1993(平成 5年)4月 地球科学科を地球惑星科学科と改称、地球科学・惑星科学の2大講座制導入
2015(平成27年)4月 地球惑星科学科を惑星学科と改称、地球惑星科学専攻を惑星学専攻と改称、基礎惑星学・新領域惑星学の2大講座へ改組

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻

〒657-8501
神戸市灘区六甲台町1-1

TEL 078-803-6483
FAX 078-803-5791