本文へスキップ

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻・惑星学科 Home Page

受験情報

概略

 私たちの住む惑星、地球。生命を育むこの類まれなる星はどのようにして生まれ、どのような変化を遂げて現在の姿となったのでしょうか。 また・n球の内部や私たちが夜空に見いだす天体では何が起こっているのでしょうか。惑星学科・惑星学専攻では、このような疑問に答えるために観測、 実験、理論など様々な手法を用いた最先端の研究を行うとともに、それらに関する教育を進めています。身の回りの自然現象や日本列島の変動、地球や太陽系、 さらには系外惑星系の構造・進化について興味を持ちそれらの真理を解明したいと思っている学生、 あるいはそれらを学ぶ過程で身につけたことを活かして社会に貢献したいという意欲のある学生を歓迎します。


1. 学部入試案内

 神戸大学理学部惑星学科は学部の一学年の定員が35人、3回生からの編入学の定員が5人です。学部の入学試験の入学定員は前期試験が25人、後期試験が10人です。
 学部入学案内についてはこちらをご覧下さい。


2. 三年次編入学試験案内

 惑星学科では、高専・短大の修了生や、他大学の2年終了時の学生が本学科の3年次へ編入学する事ができます。編入学は基本的には高等専門学校、短期大学の卒業生を対象としますが、4年制大学の2年生、大学の卒業生でも受験可能です。編入学試験では、筆記試験を行いません。出願時に提出された成績証明書、志望動機および自己アピールに基づく書面審査と口頭試問で合否を決めます。
 
  • 入学試験日程・募集要項についてはこちらをご覧ください。
  • 過去の入試問題については、ご参考までにこちらをご覧ください。


3. 大学院前期課程入試案内

大学院惑星学専攻(博士前期課程)の定員は24名です。そのうち12名以下を自己推薦入学試験で選抜し、残りを一般入学試験で選抜します。一般入学試験では、 TOEICの「公式認定証」に基づいた英語学力評価に加え、筆記試験「専門科目」と面接試験の二つの試験を課します。「専門科目」には、地球惑星科学の問題だけでなく、数学・物理学の問題があります。学部で地球惑星科学を学んでいなくても、数学・物理学で受験できます。

 ■H30年度博士課程前期(修士課程)入学試験

  • 自己推薦入学試験
    事前審査と本審査があります。事前審査では提出された書類(主要科目成績表やTOEICの「公式認定証」など)に基づく書面審査を行います。事前審査の合格者だけが本審査に出願できます。募集要項等詳しくは、こちらをご覧ください。

    事前審査書類受付期間:平成29年5月8日(月)〜5月11日(木)
    本審査出願期間:平成29年6月5日(月)〜6月9日(金)
    本審査試験日程:平成29年7月8日(土)
    合格発表:平成29年7月18日(火) 10:00予定
  • 一般入学試験(平成30年度4月入学)
    出願期間:平成29年7月18日(火)〜7月21日(金)
    試験日:平成29年8月30日(水)〜8月31日(木)
    募集要項等は、こちらをご覧ください。 選考方法は以下のとおりです。

    ■選考方法
    • TOEICの「公式認定証」に基づいた英語学力評価に加え、筆記試験「専門科目」と面接試験の二つの試験を課します。配点は英語学力評価が200点、専門科目が300点、計500点です。
    • 専門試験の科目は、数学A、数学B、物理学A、物理学B、岩石学・鉱物学、地質学、固体地球物理学A、固体地球物理学B、の8科目です。この中から2科目を選んで解答してください。配点は各科目150点で、計300点です。なお、平成30年度入試より、岩石学と鉱物学の2科目が統合され、岩石学・鉱物学の1科目となりましたので、ご注意ください。専門試験の解答時間は3時間です。
    • 各専門科目の出題範囲についてはこちらの pdfファイルをご覧ください。
    • 受験者には、面接試験を受けるために、筆記受験当日までに「卒業研究の内容や入学後の研究計画書」をA4サイズの用紙一枚にまとめたものを作成し、筆記試験当日に持参のうえ提出していただきます。 面接試験では、これをもとに卒業課題研究の内容と大学院博士課程前期入学後の研究などについて試問します。

    ■英語試験
    • 前期課程入試日より過去2年の間に受験されたTOEICの「公式認定証」を惑星学専攻では「有効」と判定し、そこで認定されている成績を英語学力の評価基準とします。 公式認定証は、前期課程入試の筆記試験日当日に提出していただきます。
    • TOEICの成績のなかでリスニングとリーディングのスコアについて、リスニング:リーディング=1:3の重みをつけて、英語学力の評価とします。
        
    • 大学院前期課程の受験を希望される方には、まず個別にTOEIC公開テストを受験していただかなければなりません。TOEIC公開テストについては、TOEICのHPをご覧ください。いずれかの機会にTOEICを受験して、「公式認定証」を取得してください。TOEICの名前のついた一部のテストでは、公式認定証が発行されません。公式認定証が発行されるTOEIC公開テストを受験して、必ず公式認定証を取得してください。
  • 過去の問題についてはこちらをご覧ください。
  • ダウンロードが面倒な場合には生協の院入試過去問コピーサービス(過去3年分)もあります。


■ Q&A集:

Q, TOEICの「公式認定証」はどのようにして取得するのですか?
A,大学院前期課程の受験を希望される方には、まず個別にTOEIC公開テストを受験していただかなければなりません。TOEIC公開テストについては、TOEICのHPをご覧ください。いずれかの機会にTOEICを受験して、「公式認定証」を取得してください。なお、一部のTOEICの名前のついたテストでは、公式認定証が発行されません。例えば神戸大学生協のカレッジTOEICでは公式認定証は発行されません。

Q, 面接試験について注意することは?
A,受験者には、面接試験を受けるために、筆記試験当日までに「卒業研究の内容や入学後の研究計画書」をA4サイズの用紙一枚にまとめたものを作成していただきます。筆記試験当日にそれを持参のうえ、提出していただきます。 提出いただいたA4用紙の「卒業研究の内容や入学後の研究計画書」は面接資料として用います。


 

4. 大学院後期課程入試案内

 大学院(博士後期課程)の定員は7名です。
選考方法は、学力検査及び提出書類を総合して行います。 学力検査は,口頭試問・質疑応答を中心として行います。志願者は指導教員予定者と密接な連絡をとり,研究計画書を作成してください。
 平成29年度10月入学募集要項等はこちらをご覧ください。
 平成30年度4月入学募集要項等はこちらをご覧ください。


◆問い合わせ先

専攻長
fsci-pla-director(at)edu.kobe-u.ac.jp
専攻入試委員
fsci-pla-exam(at)edu.kobe-u.ac.jp

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻

〒657-8501
神戸市灘区六甲台町1-1

TEL 078-803-6483
FAX 078-803-5791