本文へスキップ

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻・惑星学科 Home Page

スタッフ

荒川 政彦 

 理学研究科・惑星学専攻・新領域惑星学講座 教授
 理学部・惑星学科 教授(併任)
 惑星科学研究センター(併任)

  • 居室 :自然科学総合研究棟3号館6階623号室
  • e-mail:masahiko.arakawa(at)penguin.kobe-u.ac.jp


ARAKAWA

研究の興味

天体衝突の科学:衝突過程は太陽系で観測される天体(惑星・衛星・彗星等)の多様性を生み出した最も重要な物理過程の一つです. そこでこの多様性に対する衝突の役割を明らかにするために,原始太陽系星雲での塵の衝突合体による微惑星形成とその後の微惑星衝突による惑星集積を衝突実験により研究しています.

衝突と惑星探査:衝突実験から得られた知識や技術を惑星探査に応用すると,これまでにない新しい探査を提案することができます. 小惑星内部の調査や表面からの試料採取等は代表的なものですが,さらに,進んだ「宇宙衝突実験」を提案するための基礎研究を行っています.

宇宙雪氷学:宇宙を構成する固体物質として最も量が多いのは「氷」です.この宇宙の氷に関する研究は宇宙雪氷学と言われています. 火星の氷河・氷床・凍土,木星・土星等の衛星や彗星・カイパーベルト天体などの起源・進化を様々な実験手法により研究しています.


主な研究テーマ 

  • 太陽系の起源と進化及び惑星の形成・進化に関する実験的研究(惑星衝突過程、宇宙雪氷学,宇宙衝突実験)


最近の代表的な論文・書籍 

  • Arakawa, M. et al., " Scientific objectives of Small Carry-on Impactor (SCI) and Deployable Camera 3 Digital (DCAM3-D): Observation of an ejecta curtain and a crater formed on the surface of Ryugu by an artificial high-velocity impact", Space Science Review pp. 1-26, 2016, doi:10.1007/s11214-016-0290-z.
  • Tsujido, S., Arakawa, M., Suzuki, A. I., and Yasui, M., " Ejecta velocity distribution of impact craters formed on quartz sand: Effect of projectile density on crater scaling law", Icarus vol. 262, pp. 79-92, 2015.
  • Yasui, M., Matsumoto, E., and Arakawa, M., " Experimental study on impact-induced seismic wave propagation through granular materials", Icarus vol. 260, pp. 320-331, 2015.
  • 荒川政彦,保井みなみ,嶌生有理,太陽系における高速度衝突現象と惑星の起源と進化,高圧力の科学と技術 vol. 24, pp. 13-20., 2014.
  • Yasui, M., Hayama, R., and Arakawa, M., "Impact strength of small icy bodies that experienced multiple collisions", Icarus vol. 233, pp. 293-305, 2014.
  • Shimaki, Y., and Arakawa, M., Low-velocity collisions between centimeter-sized snowballs: porosity dependence of coefficient of restitution for ice aggregates analogues in the solar system, Icarus vol. 221, pp. 310-319, 2012.
  • Uchiyama, Y., Arakawa, M., Okamoto, C., Yasui,M., Restitution coefficients and sticking velocities of a chondrule analogue colliding on a porous silica layer at impact velocities between 0.1 and 80 m s-1, Icarus vol. 219, pp. 336-344, 2012.
  • Dohi, K., Arakawa, M., Okamoto, C., Hasegawa, S., Yasui, M., The effect of a thin weak layer covering a basalt block on the impact cratering process, Icarus vol. 218, pp. 751-759, 2012.
  • Shimaki, Y., Arakawa, M, Experimental study on collisional disruption of highly porous icy bodies, Icarus vol. 218, pp. 737-750, 2012.
  • Arakawa, M. and Yasui, M. "Impact crater formed on sintered snow surface simulating porous icy bodies", Icarus vol. 216, pp. 1-9, 2011.
  • Yasui, M., Arakawa, M., Hasegawa, S., Fujita, Y., and Kadono, T., "In situ flash X-ray observation of projectile penetration processes and crater cavity growth in porous gypsum target analogous to low-density asteroids", Icarus vol. 221, pp. 646-657, 2012.
  • Suzuki, A. I., Nakamura, A. M., Kadono, T., Wada, K., Yamamoto, S., Arakawa, M., A formation mechanism for concentric ridges in ejecta surrounding impact craters in a layer of fine glass beads, Icarus vol. 225, pp. 298-307, 2013.

担当授業科目

大学院後期
惑星学特論I・惑星学特論II(分担)
大学院前期
惑星学要論(分担)
惑星学通論I・惑星学通論II(分担)
学部
全学共通
基礎教養科目/惑星学A(分担)
地学実験(分担)
理学部
惑星学概論II
地球惑星進化学(分担)
惑星学実習A(分担)
惑星学実習E(分担)

所属学会 



                                              更新日 2017年4月1日


     

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻

〒657-8501
神戸市灘区六甲台町1-1

TEL 078-803-6483
FAX 078-803-5791