本文へスキップ

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻・惑星学科 Home Page

スタッフ

島 伸和 

 理学研究科・惑星学専攻・新領域惑星学講座 教授
 理学部・惑星学科 教授(併任)
 海洋底探査センター 構造探査部門長(兼任)
 先端融合研究環(兼任)




研究の興味

 海洋底の形成、変遷に興味をもっており、それがなぜ起こるのかを解明したいと考えています.具体的には、マルチナロービームおよび人工衛星による海底地形や、サイドスキャンソナーによる散乱強度分布、船上や深海曳航式で得られる地磁気異常をもちいて、海洋底の変遷を細かく把握します.さらに、重力異常分布から得られる密度構造や海底電位差磁力計のデータから推定できる海底下の電気伝導度構造をもちいて、海洋底が動く原動力について制約を与えようと試みています.研究対象は海洋底全般ですが、現在は、特に活動が活発な海嶺系ダミナミクスを中心に研究をおこなっています.観測機器の開発や新しい解析手法の開発も積極的におこなっています.質の違うデータをよりよい手法で解析することは、海洋底を理解する新しい目をもつことであり、これが新たな発見や大きな進歩につながると考えているからです.

主な研究テーマ 

  • 海底拡大系のダイナミクス
  • 海洋リソスフェア・アセノスフェアの構造と進化
  • 海底熱水循環系の物理的プロセス

最近の代表的な論文・書籍 

  • Matsuno, T., Y. Nogi and N. Seama, Electrical resistivity structure under the western Cosmonauts Sea at the continental margin of East Antarctica inferred via a marine magnetotelluric experiment, Polar Science 9, 2, 221-234, 2015.
  • Seama, N., H. Sato, Y. Nogi and K. Okino, The mantle dynamics, the crustal formation, and the hydrothermal activity of the Southern Mariana Trough back-arc Basin, Subseafloor Biosphere Linked to Global Hydrothermal Systems, TAIGA Concept, edited by Ishibashi, J., K. Okino, and S. Sunamura, Springer Japan, Tokyo, 215-227, DOI: 10.1007/978-4-431-54865-2_17, 2015.
  • Seama, N. and K. Okino, Asymmetric seafloor spreading of the Southern Mariana Trough back-arc basin, Subseafloor Biosphere Linked to Global Hydrothermal Systems, TAIGA Concept, edited by Ishibashi, J., K. Okino, and S. Sunamura, Springer Japan, Tokyo, 53-260, DOI: 10.1007/978-4-431-54865-2_20, 2015.
  • Matsuno T., M. Kimura and N. Seama, Electrical resistivity structure of the Snail hydrothermal site at the Southern Mariana Trough spreading center, Subseafloor Biosphere Linked to Global Hydrothermal Systems, TAIGA Concept, edited by Ishibashi, J., K. Okino, and S. Sunamura, Springer Japan, Tokyo, 241-251, DOI: 10.1007/978-4-431-54865-2_19, 2015.
  • Sato, T., M. Mizuno, H. Takata, T. Yamada, T. Isse, K. Mochizuki, M. Shinohara and N. Seama, Seismic structure and seismicity in the Southern Mariana Trough and their relation to hydrothermal activity, Subseafloor Biosphere Linked to Global Hydrothermal Systems, TAIGA Concept, edited by Ishibashi, J., K. Okino, and S. Sunamura, Springer Japan, Tokyo, 229-240, DOI: 10.1007/978-4-431-54865-2_18, 2015.
  • Kawada, Y., M. Yamano and Seama, N., Hydrothermal heat mining in an incoming oceanic plate due to aquifer thickening: Explaining the high heat flow anomaly observed around the Japan Trench, Geochem. Geophys. Geosyst., 15, 1580-1599, DOI: 10.1002/2014GC005285, 2014.

担当授業科目

学部
理学部
惑星学概論I(分担)
固体地球科学 (分担)
地球惑星科学実験実習の基礎I(分担)
固体地球物理学II (分担)
地球惑星科学実習A (分担)
地球惑星科学実習E (分担)
全学共通
基礎教養科目/惑星学C (分担)
大学院前期
惑星学要論(分担)
惑星学通論I・惑星学通論II(分担)
先端融合科学特論I-6b(分担)
大学院後期
惑星学特論I・惑星学特論II(分担)
先端融合科学特論II-6b(分担)

所属学会 



                                              更新日 2017年4月7日


     

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻

〒657-8501
神戸市灘区六甲台町1-1

TEL 078-803-6483
FAX 078-803-5791