神戸大学 理学研究科 惑星学専攻 / 理学部 惑星学科  ホームページ

-神戸大学 大学院理学研究科惑星学専攻 理学部惑星学科 が誕生しました-

専攻・学科からのメッセージ
2015年4月1日に、私たちは新たな一歩を踏み出しました。これまでの、よく見かける地球惑星科学の名称を改め、講座・研究教育分野も再編しました。新たな名称である「惑星学(Planetology)」は、地球科学と惑星科学を融合した、より包括的な意味を持ちます。私たちは断じて「地球」を捨てた訳ではありません。むしろ、「なぜこの星は地球なのか?」太陽系惑星の中でなぜ地球にだけ液体の水があり、生命が永続的に存在し、プレートテクトニクスが作動するのか?また、その水はどこから来たのか?? という根源的な問いに答えを出したいのです。そして学生諸君には、多様な惑星現象に対する広範な視野とさまざまな手法を用いた解析能力・論理的思考力、そしてなにより豊かな感性を備えた「惑星人」に育ってほしいと思っています。また、目先の成果ばかりを追い求めるのではなく、「独創的な研究者」として巣立ってほしいと願っています。詳しくはこちらをご覧ください。

日本初「惑星学専攻」の挑戦
 ・地球科学・惑星科学・宇宙科学の融合
 ・海洋・宇宙立国をリードする人材の育成
 ・地球・惑星の変動と進化を体感するカリキュラム
 ・他の研究機関・大学・研究科との連携
 ・博士前期課程推薦入試制度の導入

TOPICS

      
    

NEWS

2019年10月11日
学術研究員(惑星科学研究センター)を公募いたします。詳しくは、公募情報をご覧ください。
2019年9月17日
惑星学専攻の中村昭子准教授らの研究グループの論文がScience Advances誌に掲載されました。詳しくは、こちらをご覧ください。
2019年9月9日
理学研究科惑星学専攻の荒川政彦教授ら神戸大学が参画する小惑星探査機「はやぶさ2」の衝突装置による小惑星リュウグウ上での衝突実験に関して、荒川政彦教授の研究グループによる実験室での検証実験の様子が、9月8日(日)21時「NHKスペシャル シリーズ スペース・スペクタクル 第3集 はやぶさ2 地球生命のルーツに迫る」(NHK総合テレビ他)にて放映されました。
2019年9月5日
特命技術員を公募いたします。詳しくは、公募情報をご覧ください。
2019年8月13日
学術研究員(惑星科学研究センター)を公募いたします。詳しくは、公募情報をご覧ください。
2019年7月12日
テニュアトラック教員(助教)(新領域惑星学講座 観測海洋底科学教育研究分野)および    テニュアトラック教員(講師または助教)(基礎惑星学講座 流体地球物理学教育研究分野)を公募いたします。詳しくは、公募情報をご覧ください。
2019年7月1日
兵頭政幸教授らの研究グループの論文がScientific Reports誌に掲載されました。詳しくは、こちらをご覧ください。
2019年5月10日
惑星学専攻の斎藤貴之准教授、牧野淳一郎教授が参加した共同研究チームが、月が地球のマグマオーシャンからできたという可能性があることをコンピュータシミュレーションを用いて突き止めました。詳しくは、こちらをご覧ください。
2019年4月10日
惑星学専攻の小川和律技術専門職員が開発に関わったHayabusa2に搭載の分離カメラについて、4/6の読売新聞の朝刊に紹介記事が掲載されました。詳しくは、こちらこちらをご覧ください。
2019年4月6日
理学研究科惑星学専攻の荒川政彦教授が、神戸大学が参画する小惑星探査機「はやぶさ2」による小惑星リュウグウ上での衝突実験の成功について記者会見し、インタビューに答える様子が4月5日(金)21時の「ニュースウォッチ9」(NHK総合テレビ)他にて放映されました。
過去のお知らせ



専攻内限定

メンバーの方はこちら

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻

〒657-8501
神戸市灘区六甲台町1-1

TEL 078-803-6483
FAX 078-803-5791
MAIL fsci-pla-inq(at)edu.kobe-u.ac.jp
ACCESS MAP