本文へスキップ

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻・惑星学科 Home Page

スタッフ

樫村 博基 

 理学研究科・惑星学専攻 特命助教 (兼) 理学研究科・惑星科学研究センター 特命助教


研究の興味

様々な惑星や衛星の大気循環の力学を、統一的に理解することに興味を持っています。太陽系の大気を持つ天体をあるパラメータ空間上に位置付け、そのパラメータ空間内での大気循環の振る舞いの変化を数値計算により調べることで、一見まったく異なる循環構造をいくつかのパラメータの違いで説明できることがあります。 そのような研究を進めるために、惑星大気の数値モデルを開発したり、数値解の挙動を説明するための理論モデルを開発したり、数値解の挙動を説明するための理論モデルを構築・考察したりします。 また、世界有数の計算能力を誇る大型計算機「京」や「地球シミュレータ」で金星や火星大気の高解像度シミュレーションを実施し、得られる膨大なデータの解析処理も行なっています。 惑星大気では様々なスケールの現象が相互作用していると考えられるので、高解像度化を進めることでより現実大気に近いシミュレーションが可能になり、大気循環の理解の大きな助けになります。 一方、観測が時空間的に密な地球大気の場合とは異なり、金星や火星大気のシミュレーションでは手本として参照すべき観測データがない場合も多々あります。高解像度シミュレーションの結果が物理的に妥当なものかどうかを知るために、数値モデルの方程式系や数値解法に対する依存性をよく理解することも重要です。

主な研究テーマ 

  • 惑星大気大循環の数値的・理論的研究
  • 金星・火星大気の高解像度シミュレーション
  • 全球大気数値モデルの方程式系・数値解法依存性

最近の代表的な論文・書籍 

  • Kashimura, H., M. Abe, S. Watanabe, T. Sekiya, D. Ji, J. C. Moore, J. N. S. Cole, and B. Kravitz (2017), Shortwave radiative forcing, rapid adjustment, and feedback to the surface by sulphate geoengineering: Analysis of the Geoengineering Model Intercomparison Project G4 scenario. Atmos. Chem. Phys., 17(5), 3339-3356, doi:10.5194/acp-17-3339-2017.
  • Ando, H., N. Sugimoto, M. Takagi, H. Kashimura, T. Imamura, and Y. Matsuda (2016), The puzzling Venusian polar atmospheric structure reproduced by a general circulation model. Nature Communications, 7, 10398.
  • Kashimura, H. and S. Yoden (2015), Regime Diagrams of Solutions in an Idealized Quasi-Axisymmetric Model for Superrotation of Planetary Atmospheres. Journal of the Meteorological Society of Japan, 93(2), 309-326.
  • Kashimura, H., T. Enomoto, and Y. O. Takahashi (2013), Non-negative filter using arcsine transformation for tracer advection with semi-Lagrangian scheme. SOLA, 9, 125-128, doi: 10.2151/sola.2013-028.
  • Yamamoto, H. and S. Yoden (2013), Theoretical Estimation of the Superrotation Strength in an Idealized Quasi-Axisymmetric Model of Planetary Atmospheres. Journal of the Meteorological Society of Japan, 91(2), 119-141.
  • Yamamoto, H., C. Cenedese, and C. P. Caulfield (2011), Laboratory experiments on two coalescing axisymmetric turbulent plumes in a rotating fluid. Physics of Fluids, 23, 056601, doi:10.1063/1.3584134.
  • Yamamoto, H., K. Ishioka, and S. Yoden (2009), Axisymmetric Steady Solutions in an Idealized Model of Atmospheric General Circulations: Hadley Circulation and Super-rotation. Theoretical and Applied Mechanics Japan, 57, 147-158.
  • (旧姓:Yamamoto)

所属学会 



                                              更新日 2017年4月1日


     

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻

〒657-8501
神戸市灘区六甲台町1-1

TEL 078-803-6483
FAX 078-803-5791