本文へスキップ

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻・惑星学科 Home Page

教育研究分野紹介

応用惑星学教育研究分野



研究の興味

集中豪雨や竜巻などによる災害が増加し, また地球温暖化が進行するなかで, 大気中の様々な現象を対象とする気象学には, さらなる発展が求められています. 私達は連携機関である気象庁気象研究所の大型計算機や実験・観測施設を活用して, 社会にも重要な意義を持ち, 様々な発展の可能性を持つ以下の2分野について気象学の研究を推進しています.


1. 地表面近傍の大気境界層
地表面から高度約1kmまでの大気境界層は, 運動量・熱・水蒸気などの乱流による輸送を通して, 大気全体に大きな影響を及ぼします. ここではLarge Eddy Simulationを用いた数値計算, 気象研究所の風洞装置を用いた室内実験, 気象研究所の露場における野外観測などを用いて, 大気境界層の乱流について理解を深め, 数値予報モデルの大気境界層過程を高度化することで, 予測精度全体の向上を目指しています.

2. データ同化と局地豪雨予測
仮想現実であるシミュレーションと、現実世界を観測したデータを結びつけるデータ同化は、基礎原理を統計学に基づいており、様々な分野へ応用しやすい理論・知識です。たとえば、ロケットの姿勢制御やビッグデータ解析、創薬など多くの応用例があります。なかでも気象学における利用は最大級の自由度を持っているきわめて複雑なシステムであり、それと同時に我々が毎日その恩恵にあずかっている成功例です。 一方で近年、社会問題となっている“ゲリラ豪雨”と呼ばれる局地的大雨の予測は、その空間スケールの小ささ、時間変動の大きさによってきわめて困難です。これを成功させるには、先進的な観測データと数値シミュレーションモデルを結びつけるデータ同化技術が必要です。本講座においては、天気予報の流れを解説し、これに必要な観測データ、数値シミュレーションモデル、データ同化システムの概要を紹介します。加えて同化の基礎理論と局地的大雨の事例解析についても講義します。


主な研究テーマ

現在,次のようなテーマについて研究しています.

                                              更新日 2016年4月7日


     

神戸大学 理学研究科 惑星学専攻

〒657-8501
神戸市灘区六甲台町1-1

TEL 078-803-6483
FAX 078-803-5791